Pilates

堺市中百舌鳥で受けられるピラティスパーソナルセッション

ピラティスとは

1920 年代に、ドイツ人従軍看護師Joseph Hubertus Pilates(ジョセフ・ピラティス)が開発したエクササイズです。ピラティスメソッドは、心と体のコンディションを最適に整える効果があり、体幹を効果的に鍛えながら、筋力・柔軟性・バランスなどを整える全身運動です。姿勢改善、肩凝り腰痛改善、引き締め等、運動が苦手な方からアスリートまで様々な方々に適応するプログラムです。

リフォーマーといわれるマシーンは、ピラティス氏が負傷兵にリハビリを行った時に、ベッドで寝たままリハビリができるように考案されたことが元になっています。今日では、より効果的にトレーニングできるように、数社のピラティスマシーンが誕生しています。そのルーツからもわかるように海外では、現在でもピラティスメソッドは病院のリハビリやフィットネスジムなどでも行われていて、健康な人も、シニアたちも、体に障害を持つ人たちも大勢楽しむ事ができるエクササイズに発展しています。

Studio five fでは、ピークピラティスのPPSデラックシリーズスマシーンを使ってセッションをおこなっています。リフォーマーとタワーのトレーニングが行えるマシーンですが、クライアントの目的や状況に合わせて、様々なツールと組み合わせて効率の良いピラティスセッションを行なっています。

  

 

どんな目的・効果があるの?

●  Body Conditioning

●Mind Conditioning

 

 

どんな人が参加できる?禁忌事項など

どなたでもご参加できます。中学生以上の方からご参加いただけます。

ただし下記のような方は、医療機関で運動の許可をもらってください。また、セッション中にトレーナーが運動不可と見做した場合は、セッションを中止する場合があります。不安がある場合は、トレーナーにご相談ください。

・関節疾患を有する人
・骨粗しょう症や脊柱管狭窄症など
・高血圧や糖尿病など内科的疾患を有する人
・妊娠中、産後3ヶ月以内
・更年期障害を有する人
・メンタルなどの精神疾患を有する人

 

セッションの内容

①ヒヤリング
クライアントのご希望に合わせて、セッションスケジュールを立てます。気になることやトレーナーに知っておいてほしいことなどお聞きします。自分の目的や目標がはっきりしな方は、コーチングやカフェキネシを受けることによって、より効果的なセッションとなりますので気楽にご相談ください。

②ほぐし
セッション前にストレッチポールやスモールボール、ウエーブリングで身体をほぐします。また、パワープレートというマシーンを使って気になる部位のマッサージを行った上で、セッションに入りますので、無駄な力が抜けて、短時間で効率良くピラティスを行っていただくことが可能です。

 

③リフォーマー
スプリングのついたベッドのようなマシーンでセッションを行っていきます。
 

パワーリングやボール、アクティブモーションバーなどのツールと組み合わせて、個々の目的に合わせて、セッションのデザインを行います。また、身体の状態に合わせて、仰臥位、腹臥位、側臥位、座位、立位とリフォーマーを使いこなしていきます。

  

エクササイズが流れるようにつながって、そこにリズミカルな呼吸法が加わって、集中力が高まります。身体のつながりを感じながらコアを安定させ、四肢を解放させて動きづくりに役立ちます。

 

 

④カフェタイム
セッションが終わった後は、珈琲やお茶(サービス)を飲みながら、セッションの振り返り、日常へのアドバイス、次回までの取り組み方法などをお伝えします。例えば、自宅でのストレッチの方法、立ち方、歩き方のアドバイスなど・・・
スモールボールの販売なども行っていますのでホームエクササイズをお伝えすることも可能です。

 

お客様の声

・肩こりや背中の張りが気になっていたのが、どんどん改善されて週に1回のセッションが楽しみです(30代ヨガ指導者)

・就職をして4年間運動ができていなくて10kg体重が増えてしまった。腰痛(ぎっくり腰)や頭痛があり、身体を鍛えて痩せたいと思って、2週間に一度のセッションを受けたら、セッション後身体が思った以上に軽くなって、このまま継続して体重を落としていきたいと思ってます(20代会社員男性)

・仕事柄、立ちっぱなしで下肢がむくみやすく、左右の体のバランスが気になり、月に1回のピラティスセッションを受けたら、姿勢がどんどん変わり、お腹周りが引き締まってきました。今後は、太腿もスッキリさせたいと思って、楽しくピラティスを行なっています。(40代女性)

 

よくあるQ&A

Q:ヨガとピラティスどちらの方が、効果があるのですか?
A: ヨガはもともとアーサナというポーズを通して自分の内側を内観していくこと、精神面へのアプローチに重きが置かれています。ピラティスにもその要素はありますが、主に身体のコンディショニングトレーニングに重きが置かれています。そのため筋肉や身体の機能性にアプローチをしていきます。自分自身の目的が何かによって、選択すると良いでしょう。

 Q:背骨が硬いのですが、できますか?
A:ピラティスのエクササイズを段階的に行うことで、むしろ背骨(脊柱)の機能を引き出すため、可動性も得られます。身体を丸めたり、反らしたり、捻る動作がスムースになります。呼吸法も取り入れているので胸郭の脊柱の柔軟性にも役立ちます。

Q:ピラティスをするとすぐに首や肩が疲れて痛くなるのですが・・・
A: 体幹部のインナーユニット(深層部の筋肉)が機能してくると、首や肩の力が抜けるようになります。段階的にエクササイズを進めていきますので、首や肩の力を抜く方法やセッションの進め方をトレーナーが工夫しますので安心してセッションにご参加ください。身体の使い方がわかるとスムースに身体を動かすことができ、とても心地よくなります。

 

持ち物、特記事項

・動きやすい服装で参加してください。身体にピタッとつくウエアの方がやりやすいですが、Tシャツ、短パンなどでも構いません。
・素足の方が行いやすいので、冷える方は、足首にレッグウォーマーやアンクルウォーマーをつけられることをオススメします。
・汗拭きタオル

 

セッション予約の方法

当施設は完全予約制となっております。
セッションの参加予約は、お電話又は申し込みフォームにて承っております。
お電話でご予約の場合

TEL&FAX.072-253-1757

<電話受付>平日 10:00-16:00


① 『ピラティスを受けたいのですが…』とお申し出ください。
② 希望の日程をいくつかお伝えください。
③ インストラクターとの予定を調整して折り返しご連絡致します。

当日お気をつけてお越しくださいませ(*^^*)

※土・日・祝日はスタジオ受付業務が休みとなっております。
キャンセルの場合は、必ず平日の前日15:00まで にお電話にてご連絡をお願い致します。
※当日キャンセルの場合は、セッション料を全額お支払い頂くことになりますのでご了承ください。
※緊急の場合のご連絡は必ず留守番電話に、「お名前・ご用件」を入れて頂きますようお願い致します。
※非通知設定でおかけの場合はつながりませんのでご注意くださいませ。

HPよりご予約の場合

① このページ下のフォームにご記入下さい。
② 内容をご確認の上、送信ボタンをクリックして下さい。
③ 担当スタッフが確認のうえ、平日2日以内に折り返しご連絡させて頂きます。

返信がない場合は送信エラーの可能性もございますので、お手数ですがその旨をご連絡頂ければ幸いです。


当日お気をつけてお越しくださいませ(*^^*)

five_f@actspace.com

メール送信フォーム

お名前 *

ご連絡先メールアドレス *

ご連絡先電話番号

メッセージ本文 *

Studio five ‘f’(スタジオ ファイブ エフ)
〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町4丁561-8

交通アクセス・地図

個人情報保護方針

このページのトップへ